image

 

「新聞記者と食事をした3月1日夜、家に戻ったら亡くなったという連絡がありました」

 

そう語るのは、ムッシュかまやつさん(享年78)の所属事務所ケイダッッシュの川村龍夫会長。

 

昨年9月に肝臓がんを告白。闘病生活を送ってきたかまやつさん。昨年10月末に退院すると通院での治療を続けていたが、身を寄せたのは自宅ではなく、いとこの森山良子(69)宅。理由を川村会長はこう説明した。

 

「かまやつさんの奥さんもがんを患い、入院生活を送っていたんです。それで昔から気の合う、森山さんが声をかけてくれた。彼女もいまは独り身で、『ウチは広いし、家に戻って不自由な生活をするくらいなら、あなた、ウチへいらっしゃい』とね」

 

最後までギターを手放さなかったかまやつさんは、森山家でも“ライブ”さながらに歌い、快適に過ごしたようだ。

 

「ボクは金には縁がない。女性にも縁がない。残るは食事で、これだけは手放せない」

 

と公言してきたかまやつさん。行きつけは東京・港区のイタリアンレストランだった。

 

「“ボクはここの看板ボーイ”と自称するほど、玄関横の“指定席”に居続けでした。芸能界では“ムッシュに会いたければ、あの店へ行け”と言われていたくらい」

 

食事面でも森山には面倒をかけずに世話になっていたようだ。