image

 

3月22日は、市川海老蔵(39)と麻央(34)にとって特別な1日だった。長男・勧玄くんが満4歳の誕生日を迎えたのだ。

 

そんなお祝いの日に向け、海老蔵は極秘奮闘を続けてきたという。19日のブログには《カンカンガーデン誕生日に合わせて親達頑張る 想像しながらまおと気合いいれてます》とある。新居マンションで、さっそく勧玄くんのためにガーデニングを始めていたようだ。

 

「海老蔵さんは100株近い苗や腐葉土を買い込み、いちごやレタスなどを植えたそうです。配置などはすべて、麻央さんと相談しながら決めたといいます。今回の引っ越し先は、広いガーデニングスペースが必須条件でした。それは以前の自宅の庭を勧玄くんが気に入っていたから。海老蔵さんは『4歳になったら正式に稽古をする』と勧玄くんと約束しているほど、今は大切な時期。息子に草木の世話をさせることで、責任感を養わせる目的もあるのではないでしょうか」(梨園関係者)

 

海老蔵は勧玄くんを本格的な稽古に通わせ始めている。母親の麻央も闘病中ながら息子の誕生日準備に奔走。長女・麗禾ちゃんとバースデーケーキを手作りしたという。

 

「当日は海老蔵さんが朝から外出していましたが、昼過ぎに戻って家族でお誕生日会をしたそうです。主役の長男は王冠にマント姿。家族4人でお祝いの食卓を囲んだといいます。また午後には麻央の姉・麻耶さん(37)も駆け付けたそうです。勧玄くんは『カンカンガーデンを見せたい!』と言って、麻耶さんをテラスに案内していたそうです。そんな息子が喜ぶ姿を見て、海老蔵さんも苦労が報われた思いだったでしょう」(前出・梨園関係者)

 

だが海老蔵がここまでガーデニングに奔走した理由は、勧玄くんの誕生日祝いという意味だけではなかった。そこには、ほかならぬ麻央への思いもあったのだ。

 

「麻央さんは、以前の自宅でもテラスで日向ぼっこをするのが大好きでした。闘病中とはいえ、家の中にばかりいては気が滅入りがちですからね。海老蔵さんは、麻央さんにとっても快適な空間を作ってあげたかったのでしょう。ちなみにテラスにはクローバーも植えたようですが、長女の麗禾ちゃんは以前『四つ葉のクローバーを見つけたらママにあげたい』と言ったことがあったそうです。だからカンカンガーデンには勧玄くんの成長だけでなく、麻央さんへの“全快の祈り”が込められているのだと思います」(別の梨園関係者)

 

今月のホワイトデーに、麻央はブログで切ない母心を《3月は、ひなまつり、結婚記念日 息子の誕生日 とお祝いづくしですが、ホワイトデーも、うれしい今日でした。いつかの日か、息子からお返しをもらえたりしたら 母は泣いてしまう》とつづっていた。カンカンガーデンに生える四つ葉のクローバーが、きっとその願いをかなえてくれるはずだ。