image

 

女優の波瑠(25)が5月3日にブログを更新。「昨日はあなそれ第3話でした。」のタイトルで、主演ドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS系)で演じている不倫主婦・美都役にSNSなどでの批判が殺到していることについて、思いのたけをぶちまけた。

 

昨年から男性著名人の不倫スキャンダルが相次ぎ“ゲス不倫”なる言葉まで流行ったが、劇中で波瑠が演じているのはその女性版。主人公の夫(東出昌大)は2番目に好きな男性。結婚後、10代のころから思いを寄せ続けていた同級生(鈴木伸之)に偶然再会。恋の炎が再燃し不倫に溺れていくのだが……。

 

「第3話放送後、ネット上では『主人公がゲス過ぎて感情移入できない』『不倫してる2人がキラキラし過ぎ』など批判が殺到。それに波瑠も思わずコメントしてしまったようだ」(ファッション業界関係者)

 

ブログで波瑠は「私は美都には共感できないけど、毎日やらなきゃ仕方ない」と、あくまでも女優として仕事をしているとアピール。

 

さらには「自分が何か得をするためにこのお仕事をしてるつもりもないので、わかりやすい言葉で言うなら損の連続になったとしてもいい」ともつづっていた。

 

「彼女はもともとモデルとして活躍していました。女優のオーディションに落ちまくっていたころには、一度モデルに専念する決意も固めていたそうです。にもかかわらず女優として大ブレークした。そのためいつも今後の方向性に葛藤を抱えているようです」(同)

 

第2話で視聴率が1ケタに落ちた同ドラマ。波瑠が思いをぶちまけたことが今後の視聴率にどう影響するかが注目される。

関連タグ: