image

 

夫に4人の婚外子がいることが報じられ、また本誌の取材で新婚から3週間がたつ今も、いまだ夫と別居生活を続けていることがわかった菊川怜(39)。

 

本人はすべて納得のことだというが、本誌読者からも「私だったら、とても我慢できません。なんで菊川さんが、そこまで彼のことを許すのかと不思議です」(33歳OL)といぶかしがる声が届く。

 

そんな意見に対して、「同様のケースをいくつも見てきた」というのは、夫婦問題研究家の岡野あつこさんだ。

 

「女性は、一度好きになった男性から『僕の過去はこうだけど、今はもう違うんだ』と言われると、信じてしまうんですよ。女性は過去のことは許すんです。自分がされた浮気など、自分が関係する過去のことは決して許しませんが、他の人とのことだったら許します。『今までの人と違って、私なら彼とうまくやれる。大丈夫』と考えるんです。女性は、オンリーワンじゃなくて、ナンバーワンになりたいと思っているんです」

 

菊川は東大卒の美人タレントとして人気を得た。その人生は、激しい競争を勝ち抜いて手に入れたもののはずだ。

 

「菊川さんには、“私なら負けないわ”という思いもあるでしょう。相手が過去にいろいろなことを抱えていることをわかっていても結婚する人は多いんです。“私が最後の女”と思うわけです。そして“人が何と言おうと幸せになりましょう”と前だけを向いていきます」

 

たしかに、菊川は報じられた3人の女性たちを押しのけて、穐田氏の“正妻”の座を勝ち取った形になる。

 

「もちろん、これだけ“婚外子騒動”が報じられて、プライドは傷ついていると思います。でも、こういうスキャンダルが出ると、必ず逆のことを言って、味方してくれる人が出てくるものです。『あんな記事は、妬みやひがみで過去の女がワーワー言ってるだけよ』なんて、言ってきてくれる人がいるんですよ。いまは、そういう自分に都合のいいことをとりあえず聞いて、様子を見ているのかもしれません」

 

はたして、雨降って地固まるとなるのか――。

関連タグ: