image

 

主演の菅田将暉(24)を筆頭に各事務所期待の若手俳優が出演しヒットした「帝一の國」。その出演者の中でも波に乗っているのが、竹内涼真(24)だ。

 

昨年公開の「青空エール」では土屋太鳳(22)演じるヒロインの相手役にも抜てき。「帝一の國」と同時期公開の「ラストコップ THE MOVIE」では、ドラマ版よりも濃厚なキャラを熱愛している。

 

そしてさらにNHK朝の連続ドラマ「ひよっこ」では、有村架純(24)演じるヒロインの相手役に抜てきされることになった。

 

「身長185センチのさわやか系でイケメンの“王道”。コツコツと実績を積み重ね芸能活動5年目でブレークしました」(映画関係者)

 

所属事務所は老舗の「ホリプロ」。竹内のブレークは同事務所にとっても願ったり叶ったりだったという。

 

「所属女優は優香(36)、深田恭子(34)、綾瀬はるか(32)、石原さとみ(30)、高畑充希(25)と年代ごとにバランス良くブレークしている。ところが所属俳優は藤原竜也(35)と妻夫木聡(36)の2トップが続いていた。今の竹内はその2トップを脅かす勢いだともいわれていますね」(芸能プロ関係者)

 

竹内はもともとJリーグの下部組織に所属してプロサッカー選手を目指していたが、芸能界に挑戦したという。サッカーで培った精神力と努力家ぶりもブレークの要因のようだ。

 

「『青空エール』では高校野球部のキャッチャー役。最初はまったく様になっていたなかったが、自ら猛特訓を重ねて撮影時までにすっかりキャッチャーの動きをものにしてきていました」(映画ライター)

 

今後、事務所の看板を背負って立つ存在になりそうだ。