image

 

「お騒がせしてすみませんでした。土下座なら私が500回でも600回でもします!そういうこと(=トラブル)は本当になかったんですけど、私もそういう誤解されるようなことをしてしまったことは、責任があります。だから、みなさんに本当に申し訳なかったです」

 

9月20日、自身の誕生日&25周年パーティでこう挨拶したのは鈴木砂羽(45)。

 

彼女が主演し、初演出も手がけた舞台『結婚の条件』。その開幕2日前、出演予定だった鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)の2人が「土下座を強要」され、「人道にもとる行為があった」と突然降板するという騒動が起きたばかりだ。

 

鈴木はあくまで「土下座させたことはない」と主張。降板した2人には代役を立てて、無事千秋楽までこぎ着けた。

 

パーティがあったのは、その2日後の夜7時。東京・港区内のライブハウスを借り切って行われた。出席したのは彼女の友人や仕事仲間、ファンまで入れて約200人。

 

「鈴木さんは、パーティが始まる1時間半前に会場に入って準備するという念の入れようでした。パーティ冒頭で彼女が“謝罪”の言葉を口にすると、出席者たちから『そんなの気にしない』『大丈夫だよ!』と声援がかけられていました」(参加者の1人)

 

パーティの終盤、大きな誕生日ケーキが登場。拍手が巻き起こったが、

 

「最後にもう一度『こういう騒動でみんなに迷惑をかけたけど、これからも女優として仕事を続けていきます。よろしくお願いします』と涙ぐむシーンがありました」(前出の参加者)

 

2次会まで終了したのは、深夜0時すぎ。最後に鈴木は4~5人のスタッフと円陣を組み、「チーム砂羽、おー!」と叫んで気勢をあげていた。

関連タグ: