image

 

《私事ではありますが、この度、新たな命を授かりました》

 

プロ野球・千葉ロッテマーリンズの涌井秀章投手(31)の妻でモデルの押切もえ(37)が、第1子妊娠を10月2日付けのブログで発表した。

 

現在、安定期に入っており、出産は来年予定だという。2人は13年冬に知り合い、15年9月に交際がスタート。16年11月に結婚した。

 

「押切さんももうアラフォー。子どもを産むなら、できるだけ早いに越したことはありません。結婚当初から押切さんは『大好きな彼との子どもがほしい!』と周囲に漏らしていたといいます。ご夫婦にとって悲願の妊娠だったと思いますよ」(芸能関係者)

 

押切は結婚直後の16年11月、本誌インタビューでこう語っている。

 

《2人くらい授かったらいいですね。お互いに兄妹がいるので……。『子ども、ほしいね』っていう話はよくしています。人数は分かりませんが、とにかく1人はほしいです。彼は、意外に『最初は女の子もいいよね』みたいな話も。私はどっちでもうれしいです》

 

さらに家庭と仕事の両立については、こんな意気込みを語っていた。

 

《野球選手というのは将来のことは分からない職業ですが、彼が行きたいというのであれば、その挑戦についていくという思いはありますし、仕事もできる範囲でやらせていただければと思います》

 

多才な彼女が“ママタレ”としても活躍してくれる日が待ち遠しい。