image

 

10月16日、フジテレビが「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」騒動について番組公式サイトで謝罪した。

 

同キャラは9月28日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念SP」に登場。「とんねるず」石橋貴明(55)が扮したもので、約28年ぶりの復帰だった。しかし男性同性愛者を揶揄するようなキャラのため、批判が殺到してしまっていたのだ。

 

同局は公式サイトで「男性同性愛者を嘲笑すると誤解されかねない表現をしたことで、性的少数者の方々をはじめ沢山の視聴者の皆様がご不快になったことに関して、深くお詫び致します」などと謝罪している。

 

「とんねるずの番組は局内で“聖域”と言われ、打ち切り説が流れても揺らぐことはないと思われていました。ところが今回の謝罪コメントで、風向きが変わりつつあります。通常の放送回にしろ物議を醸し出した特番にしろ、視聴率の低迷が続いたまま。局内では打ち切りに向けた動きが加速しているといわれています」(放送担当記者)

 

かつては売れっ子だったとんねるずだが、今や石橋と相方の木梨憲武(55)がそろったレギュラーは同番組のみ。家庭を持ち家族を養う必要がある両者にとっての“生命線”とも言える。番組打ち切り説が流れる“窮地”を迎えてしまったが、そこで注目されるのが2人の女優妻の動向だという。

 

「石橋さんの妻・鈴木保奈美さん(51)は、3人の娘の子育てにひと区切りついた12年から本格的に仕事復帰しています。昔は主演クラスのオファーしか受けなかったが、今は脇役もこなすようになっています。木梨さんの妻・安田成美さん(50)は2男1女の子育てをしながら仕事をこなしています。2人とも演技力があり、年代的に母親役のオファーが中心になりそう。両家とも夫婦共演がOKならば、CMのオファーも来そうです」(芸能記者)

 

石橋家も木梨家もともに、妻が一家の“大黒柱”になってしまうかもしれない。

関連タグ: