image

 

橋本環奈(18)の演技力に注目が集まっている。

 

10月21日に映画『斉木楠雄のΨ難』の公開初日舞台挨拶が行われ、主演の山﨑賢人(23)とともに橋本や福田雄一(49)が登壇。才色兼備の完璧美少女で学園のアイドル・照橋心美役を演じた橋本だが、口を開けたまま白目を向くなどコメディエンヌぶりを遺憾なく発揮していたのだ。

 

これには福田監督も「コメディエンヌを越えたなにか」「橋本環奈ショー」と大絶賛。また本作を鑑賞した知人から「女性の口の中を奥まで見たのは初めて」と伝えられたとも明かし、会場を沸かしていた。

 

「以前から橋本の演技力は高く評価されており、初主演映画『セーラー服と機関銃-卒業-』では第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しています。その実力は、共演の武田鉄矢さん(68)も『演技が上手すぎる』『すごい華を持っている』と絶賛するほどです」(芸能関係者)

 

ネット上でも「かわいいのにヤクザ役がハマってる」「うますぎて極妻w」との声もあがるなど、そのアイドルらしからぬ演技に一目置かれている。

 

「橋本は現在、東京国際映画祭のアンバサダーを務めています。アイドルをする前は女優志望だったそうで、本人としても『この流れを逃したくない!』と意気込んでいるのでしょう。映画界からもますます注目されていますよ」(映画関係者)

 

アイドルとしてだけでなく、女優としても“1,000年に1人”の逸材になれるのだろうか。

関連タグ: