image

 

11月16日の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)は、秋の恒例企画「本屋で読書芸人」を放送。又吉直樹(37)、光浦靖子(46)、東野幸治(50)らが出演したが、なかでもカズレーザー(33)が紹介した1冊が大きな話題を読んでいる。

 

昨年に続き登場したカズレーザー。オカルト情報誌「月刊ムー」が監修した『ムー公式 実践・超日常英会話』、袋とじを開くと短編小説が長編に変わる泡坂妻夫『生者と死者』(新潮文庫)、五十音が1文字ずつ消えていく世界を描く筒井康隆『残像に口紅を』(中公文庫)などの“珍書”を紹介していくなか、とりわけカズレーザーが激賞した1冊が眉村卓『妻に捧げた1778話』(新潮新書)。

 

SF作家の眉村はがんを患い余命1年を宣告された妻のために毎日1篇のショートショートを執筆し、妻に読ませていた。本書にはその中から厳選した19篇と、妻との日々を綴ったエッセイが収録されている。カズレーザーは、妻が亡くなった日に書かれた1778話目を「15年ぶりに泣いた」「本当に読んでほしい」と力説した。

 

それを聞いた光浦が「最後だけ読んじゃダメ?」とリクエスト。カズレーザーに最終話のページを見せられた光浦は「ダメ、泣ける」と一瞬で涙目に。「最終回だけでもいい」と言いながら涙を拭っていた。

 

ロケ終了後にはMCの宮迫博之(47)も「あれは読まなあかん」と手にとっていた『妻に捧げた1778話』。Twitter 上では《アメトーーク!みてまんまと読みたくなってしまった》《すっごい読んでみたい…泣かせてもらいたい…》と大きな反響を呼んでいる。

 

一方で《近所の小さい本屋では置いてなかった》《読みた過ぎて都内の本屋ハシゴしまくったけど何処にも売ってなかった》という声も。書店では品薄状態となっているようだ。

 

この大反響に版元の新潮社もすぐに対応。営業部副部長は《現在、懸命に重版中!!》とツイートしている。11月末ごろから再び書店に並ぶ見通しとなっている。

 

また、電子書籍はオンライン書店で購入可能。AmazonのKindleストアランキングではたちまち急上昇し、一時は1位にまで上り詰めている。

関連タグ: