image

 

ダウンタウンの松本人志(54)が12月3日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。平幕・貴ノ岩(27)に暴行を加えたとされる問題で引退した、大相撲の元横綱・日馬富士(33)について言及した。

 

松本は「引退する必要はなかった。なぜ相撲協会がそれを受理したのか」と、日馬富士の引退に疑問を呈した。「この人(日馬富士)の根底にあるのは正義感だったと思う」と見解を話し、暴行の理由を飲酒のせいにしなかった点を「日馬富士の潔さというか、カッコよさというか。堂々としている」と評した。

 

日馬富士が飲みの場でビール瓶やカラオケのリモコンを使って暴行を加えたとされる点については、「もちろん酒の場でものを使ってやりすぎたというのはありますよ」とコメント。それでも「(大相撲は)人を張り倒して投げ倒す世界。土俵以外のところで一切暴力だめというのは、正直無理がある。(暴力がだめ)だったら、稽古ってどうやってつけんねやろ」と、持論を展開した。

 

松本は「“稽古”と“体罰”ってすごくグレーなところで。でも、それで強くなる力士も僕はいると思うんです。だから、僕は日馬富士に関しては味方ですね」と話し、日馬富士を擁護する姿勢を見せた。

 

松本は全体的な見解として、「これを言っちゃうと身もふたもないんですけど、日本人力士がもっと強くなればいい」とコメント。日馬富士の引退前、大相撲の横綱は4人中3人がモンゴル出身だったという点にも触れつつ、松本は「(モンゴル人力士に)負けているから、いろいろなことが目につく。日本人の横綱が3、4人出てきたら、なんとも思わなくなると思いますよ」と話した。

 

松本は、「相撲協会は、モンゴル相撲にふんどしをつかまれてあたふたしているのが、僕は見ていて情けない。日本人力士がもっと強くなれば、モンゴル人どうしが酒飲んでいようが、どうでもよくなるんですよ」と持論を述べた。

関連タグ: