image

 

神木隆之介(24)が止まらない。昨年は大ヒットアニメ映画『君の名は。』で主演声優を務め、今年3月公開の映画『3月のライオン』では主人公のプロ棋士を熱演。今期も『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)に出演するなど、とにかく話題だ。

 

神木といえば、子役時代から活動してきた。99年に『グッドニュース』でドラマデビューすると、00年には『葵 徳川三代』で大河出演も果たしている。

 

これまで芸能界では「子役は大成しない」といわれてきた。芸能レポーターの川内天子さんも今年5月の本誌記事で「子役は、成長してしまうと、かつての愛くるしさをお茶の間が感じなくなってしまう。“子役は大成しない”と言われている理由のひとつはそこにあるんです」と語っている。

 

だが神木の場合、大人になった今も熱狂的ファンが多い。Twitterでも≪神木隆之介の成長っぷりがスゴすぎる!「イケメンになっちゃって…」と…≫≪大人になった神木くんも最高すぎて…尊い≫などの声があがっている。いったいなぜ彼は、大人になった今もこれほど人気なのか。

 

「神木くんのファンは、一言いえば”濃い”のです。まずは”見守り組”。子役時代から彼をみてきた人たちで、母性愛にも似た感情を持っています。もう1つは”2.5次元組”。数々の漫画原作ドラマや映画に出演してきた彼は、熱狂的な原作ファンからも支持されているのです。原作ファンは実写化を嫌いがちで、出演役者は叩かれやすい。にもかかわらず絶賛されているのは、彼の高い演技力と子役時代から変わらない王子様のような中性的魅力があるからでしょう」(テレビ局関係者)

 

『3月のライオン』では豊川悦司(55)が「天才子役と呼ばれていて、今はその“子役”という字が取れて」と絶賛。11月には菅田将暉(24)が『ZIP!』(日本テレビ系)で「刺激を受けている人は?」との質問に神木の名前を挙げている。

 

子役ジンクスを破り、活躍を続ける神木。その成長から今後も目が離せない。