image

 

12月13日、政府が将棋の羽生善治氏(47)と囲碁の井山裕太氏(28)に国民栄誉賞を授与する方向で検討に入ったと報じられた。

 

羽生氏といえば、12月5日に永世竜王の資格を獲得。7つある将棋の永世称号資格をすべて獲得し、「永世七冠」を達成。前人未到の偉業だった。

 

「羽生氏の国民栄誉賞授与については、永世七冠を達成した時点ですでに期待が高まっていました。そうした声を受けて、政府も動いたようです。関係者の意見も聞いたうえで最終的に判断するとしていますが、授与はほぼ確実でしょう」(全国紙記者)

 

Twitterでは、そんな羽生氏の国民栄誉賞報道に歓喜の声があがっている。

 

≪えええええええええ羽生さん井山さん国民栄誉賞だと!?≫

≪すごいすごい!神やから当たり前やけどな!≫

≪羽生さんは神。井山は天才≫

≪羽生善治=将棋星人という風潮≫

 

また≪国民栄誉賞まだもらってなかったのか≫など、羽生氏の偉業を考えれば妥当との声も多いようす。さらには≪もう人間国宝と呼んだ方がいいレベル≫など、人間国宝認定に期待の声も高まっている。

 

≪ある意味羽生さんはもう、人間国宝級だと思う≫

≪羽生竜王は人間国宝も認定してもいいと思う≫

 

将棋界の歴史を次々と塗り替えてきた羽生氏。このまま一気に人間国宝にも選ばれるかも!?