image

 

女優の山咲千里(55)が来年3月下旬、初のヘアヌード写真集「NEW EARTH」(講談社)を発売することが一部スポーツ紙で報じられた。

 

記事によると「スチームパンク」と呼ばれる産業革命をモチーフにし、架空の世界を融合したアートのジャンルがテーマ。発売中の「週刊現代」(講談社)には一部のカットを掲載し、55歳とは思えぬ見事なボディーラインを惜しげもなく披露している。

 

「もともと山咲さんはNHKの連続テレビ小説『鮎のうた』のヒロインをつとめ清純派路線でした。ところが92年発売の写真集『アナザー・スキン』では、ボンデージファッションを披露。女優業とのギャップがあったことで世間に衝撃を与え、63万部を売り上げるヒット作となりました」(出版関係者)

 

その後は話題のドラマ「誰にも言えない」(TBS系)などに出演していたが、01年ごろから女優業の活動が目立たなくなっていた山咲。映像作品の出演は05年が最後。世間的には今回の写真集発売までの12年間は“空白”のイメージだが、どんな活動をしていたのか。

 

「もともと美容への並々ならぬこだわりがあったため、次々と美容本を出版していました。モデルの益若つばさを尊敬していると公言し、40代後半にして益若のようなギャルメイクにも挑戦。クラブサウンドの愛好家でもあり、DJ活動も盛んにこなしていました。プライベートでは00年に8歳年下のデザイナーと結婚しましたが、12年に離婚していたことが発覚。しかし、いまだにプライベートは謎に包まれています」(芸能デスク)

 

磨き上げた美の集大成である初のヘアヌード写真集はかなりの話題になりそうだ。