image

 

15年放送のNHKの朝ドラ「あさが来た」でブレークした波瑠(26)。もともと人気モデルとして活躍していたが、モデル仲間の評判はおっとりしていそうな外見とはかなり違っているという。

 

「かなり“男前”として知られていて、後輩モデルたちから慕われています。何でも悩みを聞いてくれて、かつ、的確なアドバイスをしてくれる。波瑠のことを『姉さん』と呼んで慕う後輩モデルたちも多いそうです」(ファッション業界関係者)

 

そんな波瑠だが、正月特番で意外な告白した。

 

波瑠が出演したのは、1月2日に放送された「新春しゃべくり007超超超豪華な4時間半」(日本テレビ系)。トークテーマは「過去に遭遇したヤバイ男」だったが、波瑠は「お金たくさん貸したことあります」と衝撃の告白をした。

 

気になる金額については明言しなかったが、「Suicaでチャージしなきゃとか、お買い物の『今、手持ち足りないや、貸して』とか。で、返してもらえなかった」とのこと。貸したものの結局、返済してもらえなかったことも明かしたのだ。

 

「母性が人一倍強いこともあって、男性から頼まれると断れなかったのではないでしょうか。貸した金が積もりに積もって大金になってしまったようだが、返済を求めないところも太っ腹。そんな経験を重ねたこともあって、後輩モデルには『ダメ男の見分け方』までみっちりレクチャーしているようです」(前出・ファッション業界関係者)

 

波瑠自身、もう「ダメ男」に引っ掛かることはなさそうだ。