image

 

本郷奏多(27)がドラマ「リピート~運命を変える10か月~」(日本テレビ系)に出演。本郷の彼女役である島崎遥香(23)との“共通点”を1月8日、毎日新聞によるインタビューで明かしている。

 

本郷といえば「潔癖症」発言で話題を呼んでいる。昨年12月「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)に出演した際も、エレベーターのボタンは「スマホか肩で押す」と明かした。これには、スタジオからどよめきが起こったほど。

 

本作の撮影時、本郷は島崎が手を使わずにお菓子を食べている姿を見たという。そして「『あ、分かってるな』って(笑)」と共感したエピソードを語っている。

 

本郷は写真集やカレンダーを発売するたびに、握手会を開催している。潔癖症というイメージから握手は嫌がりそうだが、Twitterで本郷のファンは――。

 

《潔癖症と言いつつ、握手会ではガッチリ握手してくれた……》

《奏多くん潔癖症なのに握手会して大丈夫なのかなって思ってたけど笑顔で神対応ってすごすぎない?》

《潔癖症よりも握手会で神対応をする本郷奏多さんについてもっとテレビは触れるべきだと思います》

 

本郷を知る雑誌記者はこう語る。

 

「本郷さんの『神対応』ぶりはよく聞きます。握手会では指を絡めるいわゆる”恋人つなぎ”とか、指相撲までしてくれたとか。すべて笑顔でこなしてくれる『ファン思い』のひとなんですよね。また握手だけではありません。ファンが『好きって言って!』とお願いすると『好き!』と言ってくれたそうです。直後、慌てて『思ってないからね、言っただけだからね!』と素の姿を見せた。ファンはその素直さに、さらにキュンとしたそうですよ」

 

クールな見た目に「神対応」というギャップが、ファンに愛される理由のようだ。

関連タグ: