image

 

昨年、「変な日本語」がウケてバラエティー番組でブレークしたのがハーフタレントの滝沢カレン(25)だ。

 

メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社が、2017年1月~11月のテレビ番組出演者データから「2017タレント番組出演本数ランキング」を発表。滝沢は前年比プラス126番組となる234番組で、お笑いタレントのブルゾンちえみ(27)らと並んで「ブレイクタレント部門」でランク入りした。

 

「抜群の美貌に加えて笑いも取れるので一石二鳥。今年もバラエティー番組を中心にオファーが殺到しています」(民放キー局のバラエティー班スタッフ)

 

そんな滝沢だが、昨年末に出演した番組で“あだ名女王”を襲名した。これまで、芸能界の“あだ名王”といえば、有吉弘行(43)が知られていた。しかし、滝沢は昨年12月24日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演。その際“四字熟語のあだ名づけ”をスタジオで生披露したが、そのセンスは有吉をしのぐほどだった。

 

梅沢富美男(67)には「本業不明」、女優の桐谷美玲(28)には「猫目先輩」。タレントのりゅうちぇる(22)には「行先何処(いきさきどこ?)」、そして番組MCの明石家(62)からあだ名付けを要求されると「圧倒的口数」とコメント。まさかの5文字でスタジオの共演者を大爆笑させたのだ。

 

「11月に出演した『嵐にしやがれ』では、メンバー5人にあだ名を付けていました。特に松本潤に名付けた『俺松本潤』はTwitterの『トレンド』で1位を獲得するほど。ほかにも数多くの芸能人にあだ名付けをしていて、それだけで1冊の本が書けそうです」(芸能記者)

 

まったく物怖じしない性格の滝沢だけに、これから大物たちにどんなあだ名を付けるかが注目される。

関連タグ: