image

 

1月17日、「今夜くらべてみました」(日本テレビ)に俳優の阿部サダヲ(47)が出演。謎が多いとされる私生活や、芸能人が多数所属するという“あべ会”について語った。

 

コミカルな役を演じることも多い阿部だが、プライベートでは人見知り。「これだけは絶対ムリ」なことを聞かれ、収録前の楽屋挨拶と回答。楽屋内で何をしているかもわからないため、自分が挨拶に行く際は特に気を遣ってしまうという。他にも湯船が混み合っている銭湯や、“パーティーピーポー”も苦手だと告白した。

 

そんな阿部が唯一気を許せるのが、「あべ」という名字を持つ人々の会“あべ会”。活動内容は、食事をしながら「あべ」について褒めあうことなど。歌手で女優のあべ静江(66)、お笑いタレントのあべこうじ(42)なども参加している。番組で見せた食事会の写真では、8人が出席。厳密には名字が「あべ」ではないものの、外国人の「アベディン」さんも入会しているという。

 

会結成の発端は、2009年放送の宮藤官九郎(47)が手掛けたバラエティー番組「あべ一座旗揚げ公演 あべ上がりの夜空に」(NHK BShi)。阿部サダヲ、あべ静江、阿部寛(53)ら、名字が「あべ」という共通項のみで結成された「あべ一座」が、ショーを繰り広げるというものだった。

 

その番組で仲良くなって以来、定期的に開催されている「あべ会」。最終的には「誰が阿部寛さんに声をかけるか」が話題になるのだという。実現すれば、さらに豪華な食事会に。一体どんな会話が繰り広げられるのか、気になるところだが…。

関連タグ: