image

 

「記者会見の前日、小室さんは所属するエイベックス本社を訪れて、松浦勝人社長(53)に引退を報告したそうです。それまでの数日間、社内では何度も会議があり、小室さんのマネージャーも会議室にこもっていたので、何か大きなことがあるなとは思っていましたが、まさか引退発表とは思いませんでした」(エイベックス関係者)

 

1月19日、日本列島に激震が走った。小室哲哉(59)が引退を発表したのだ。

 

「僕なりのですね、この騒動のけじめとして、引退を決意しました」

 

疲弊しきっての引退発表。会見直後から続々と出てきたのは、不倫という“私事”で消えていく小室の才能を惜しむ世間の声だった。

 

《こんなことで引退なんて……。納得できない!》

 

ツイッターでもこうした声が何千と並んだ。だが“涙の会見”では、小室が進んでは明かさなかった“未来の夢”があるという。「引退」について《自発的な音楽活動は本日をもって終了します》と語った小室は、じつは同時にこうも語っていたのだ。

 

《望まれるのであれば、期待に応えるべく、最低限のことは全うしていきたいと思っています》

 

この言葉の真意を語るのは、小室の全盛期から親交がある音楽関係者だ。

 

「あれは、『小室哲哉』という名前を表に出しての“自発的な音楽活動”からは身を引くけれど、名前を出さない裏方としての活動は続けていくという“宣言”です。もともと彼のプロデュース業は裏方の仕事がメインで、本来は名前を出さなくてもできる仕事です。そして彼自身、生活費やKEIKOさんの治療費を稼がねばならず、すでに決まっている仕事も数多くあります。もちろん、騒動の責任を取って引退したいという彼の気持ちは本物。でも彼はそれですべての仕事を投げ捨てるような人間でもありません。自分が必要とされていて、そこから勝手に逃げるわけにはいかないこともわかっている。その苦しい気持ちが、あの言葉にこめられているんです」

 

実際のところ、小室には直近だけでも仕事が山積みだ。

 

「1月24日には、浅倉大介さんとつくった新ユニット『PANDORA』の新曲が発売されます。これは現在放送中の『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系)の主題歌にもなっています。そのライブも、1月26日に東京・六本木ミッドタウンで行われる予定です。大阪でもライブが予定されているんですよ」(芸能プロ関係者)

 

前出・音楽関係者がさらにこう言う。

 

「ぼくも記者会見を見ていましたが、小室さんが何回か涙を流したのは、大好きな音楽活動をやめなければならない悔しさについて語ったところでした。彼は、“必ず復帰する”という決意を胸に秘めているんです。もともと彼は天才特有の“気分屋”なところがあって、突発的な思いつきで物事を決めてしまうことがある。今回の“引退”もそうです。彼には、逮捕された詐欺事件で作った億単位の巨額借金もまだ残っているし、何よりあの涙が雄弁に語っていたように、本当は曲を作りたくてたまらないんです」

 

08年、巨額詐欺事件で逮捕された小室を支えたのは、KEIKOだった。いまも、苦境を支えてくれた妻に“恩返し”をしたい小室の気持ちに揺らぎはない。そのために必要なのは、何よりも小室自身の復活だ。前出・音楽関係者は断言する。

 

「近い将来、新曲を引っ提げて彼が復帰を遂げることは間違いないと思っています」

 

そのとき、小室の復活ステージの隣には、KEIKOに立っていてほしい――。