image

 

1月27日に「土曜プレミアム『坂上探検隊』」(フジテレビ系)が放送され、狩野英孝(35)が出演する。

 

同番組のテーマは、世界中の“規格外なスポット”を体当たりで調査すること。狩野は南アフリカ共和国の大自然を訪れ、チーターやサイ、ライオンといった猛獣たちとの自撮りに挑戦する。

 

「ライオンの迫力がものすごかったです。目が合うと怖すぎて動けなくて……」

 

ライオンには恐怖を感じるが、“幽霊”には感じないのだろうか。実は狩野が6日のブログにアップした“自撮り”について、「心霊写真ではないか」と話題を呼んでいる。

 

新幹線での移動中に狩野が撮影したもので、右耳のあたりに誰のものかわからない「指」が写り込んでいるのだ。狩野本人も「子供の指?みたいなのが出てるんだけど…耳じゃないよね。コレは」と不安な様子だ。

 

「マスクしてるけど耳がこんな変形するほどキツイ、ゴムじゃないし。。頭と座席のシートの幅は7~8センチくらい。後ろに人は座ってたけど…どうなんだろう、、コレ。。」

 

恐怖のあまり、コメント欄にはファンからの心配の声が。しかし狩野本人は、まったく動じていないようす。投稿の直後から何事もなかったかのようにゲームで遊ぶ様子や、旅先の美食をTwitterに投稿。そして「おやすみ!」と一日を締めている。

 

狩野が“奇妙なもの”を収めたのは、今回が初めてではない。昨年12月6日にも、小島よしお(37)がブログで報告している。

 

「狩野ちゃんが行ってきた心霊スポットの写真 鼻水のお化けのような発光体が。。」

 

自身の名前を冠した配信番組「狩野英孝の行くと死ぬかもしれない肝試し」シリーズでも、スタッフの失踪がウワサされている。さらに実家の寺でも心霊現象に遭遇しているようだが――。“恐怖”に慣れてしまったのだろうか?