image

 

1月25日から31日まで東京ドームで開催された『第17回 東京国際キルトフェスティバル』。毎年出展されている三浦百恵さん(59)の作品を一目見ようと、会場はファンの女性たちでごった返していた。

 

今年のテーマは『若草物語』。百恵さんの新作キルトは、ピンクの縁取りと真ん中の大きなハートマークが可愛らしいタペストリーだ。『私の人生~メグの場合~』と題したそのタペストリーに、百恵さんはこんな言葉を添えている。

 

《四人姉妹の長女メグ。自分の大切なものをひとつひとつきちんと選択し、人生を丁寧に紡いでゆく女性。そんなメグの最良の日『結婚』をイメージした優しく華やかなキルトに、旅先で出合ったヴィンテージの布やリボンをふんだんに使い、私自身人生の時間も、ほんの少し重ねられました》

 

’80年、21歳の若さで結婚・引退した百恵さん。貧乏ながらも幸せな結婚生活を何よりも大事にするメグに、自身と夫・三浦友和(65)の人生を重ね合わせたのだろう。

 

「この前も百恵さんは近くのコンビニで柿ピーとチョコレートを買ってきて、『これをおつまみに、今夜は旦那さんとワインで乾杯するんです』って教えてくれたんですよ」(近所の住人)

 

結婚から38年の月日が経ったいまも、2人の結婚生活は平穏で揺るぎない。夫婦円満の秘訣はどこにあるのだろうか。

 

「息子の祐太朗(33)さんと貴大さん(32)がともに独立して夫婦2人だけの生活になったとき、“新ルール”を作ったそうです。そのひとつが、年4回以上は2人で温泉や海外旅行にいくこと。『健康なうちに2人でいろんな場所に行きたい』という思いがあるのでしょう」(夫妻の知人)

 

第二の人生をこれまで以上に仲睦まじく二人三脚で歩んでいるようだ。そして来年1月17日の誕生日で60歳になる百恵さん。還暦を迎える百恵さんのために、一家はこんな旅行計画を立てているという。

 

「息子さんたちが費用を出し合って、両親を国内の温泉にでも連れて行ってあげようと考えているそうです。旅先では、百恵さんの還暦祝いにふさわしいサプライズプランも練っていると聞きました」(夫妻の知人)

 

新作キルトに“38年目の感謝”を込めた百恵さんと、その計り知れない愛に応え続けてきた友和。2人の愛は何年経っても色あせることはないだろう。