image

 

3月19日に開催される「NOW PLAYING JAPAN LIVE vol.1」で俳優の千葉雄大(28)が音楽イベントMCに初挑戦すると、一部スポーツ紙で報じられた。

 

同イベントは音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」などが主体となって開催する企画の第1弾で、「KICK THE CAN CREW」ら4組のアーティストが出演する。

 

千葉はロックバンド「ストレイテナー」らのミュージックビデオに出演。人気バンド「[Alexandros](アレキサンドロス)」のボーカル・川上洋平(35)らとも親しく、日頃からフェスに足を運ぶという。また音楽専門誌でも連載を抱えており、大の音楽好きで知られている。それが今回の抜擢につながったという。

 

「これまでは俳優業中心でしたが、かなり軌道に乗ってきました。今後は、どんどん活躍の場を広げていく方向のようです。仙台の進学校を卒業していたこともあって、頭の回転は抜群。また1人、強力なMCが誕生しそうです」(芸能記者)

 

数々の映像作品に出演してきた千葉だが、多くの関係者からは「キレ者」の声があがっている。

 

「空気を読むのが抜群です。昨年公開の『帝一の國』では主要キャストの中で最年長にもかかわらず、難なく打ち解けていました。菅田将暉らから『ジジイ』呼ばわりされても嬉しそうでしたが、それも現場での信頼関係があればこそでしょう。また多くの芸能人が好んで使っているSNSですが、千葉さんは無用なトラブルを避けるためLINEブログ以外はやっていないそうです。危機管理意識も高いと、関係者から愛されています」(映画業界関係者)

 

来年は節目の30歳を迎えるが、新たなチャレンジの場が増えそうだ。