image

 

《突然のことではありましたが、私は2月21日の深夜 千葉への車中で覚悟はできていました。病室で対面した時 大杉に“しばしのさようなら”をしなければいけない現実に立ちつくしました》

 

2月23日にコメントを発表した大杉弘美さん(64)。弘美さんは、2月21日に急性心不全で逝去した大杉漣さん(享年66)の所属事務所『ZACCO』の代表取締役であり、45年もの歳月をともにした妻である。出会ったときは大杉さんが21歳、弘美さんが19歳。なれそめについて彼は、本誌のインタビューで語っている。

 

《自由劇場の養成所に通う女優さんだったんですけどね。デートなんて何もないですよ。(でも関係ができた後に)少しずつ好きになっていくという過程がやっぱりあるんですよね》(’00年8月15日号)

 

当時は音楽関係のアルバイトをしていたという彼が、劇団『転形劇場』に入ったのが22歳のとき。だが弘美さんは、それと入れ違いに女優への道をあきらめたという。4畳半のアパートで長年同棲生活を続けたが、ある日、大杉さんには相談もなく弘美さんが入籍してしまった。

 

《同棲というか、グダグダ過ごしている時期が9年ぐらいあったのですが、その時、彼女は妊娠していました。それで、妊娠して子供が生まれるというので、ある日、家に帰ったら「籍入れたから」と、言われたんです。今でも忘れないですけどね。「それってサ、合意のもと?」と思いましたけどね》(本誌’00年8月15日号)

 

ちなみに弘美さんが入籍を“無断で”決意したのは、区役所から出産一時金をもらい生まれてくる子供との新生活に備えるためだったという。だが大杉さんはそのうちの5万円を「スーツを買いたいから」と言って持ち出し、パチンコでスッてしまったという……。

 

そんなことが続き、いつしか弘美さんにはまったく頭が上がらなくなっていった大杉さん。バラエティ番組では夫婦関係についてこんな風に表現している。

 

「(夫婦喧嘩になったときは)しばし沈黙があったら、僕のほうが『ごめんな』って言ってます」

 

ドラマ、舞台、映画、あらゆる場所で無数の名演を見せてきた大杉さんは、家庭でも妻を主役に立てる“名脇役”だったようだ。自宅は東京都内にあり、近所の住民たちはしばしば大杉さんの気さくさや夫婦の仲睦まじさを目撃している。

 

「うちの庭の水道が壊れてしまったとき、大杉さんの奥さんが『あら、どうしたの?』と伝ってくれてね。うまくいかなかったので奥さんが『ちょっと待ってて。いま家に大杉がいるから呼んでくるね』と。大杉さんが水道を見て『(部品の)サイズが合ってないんだよ。よし、ちょっと買ってくるから待っててね』と、そのまま自転車で部品を買いに行ってくれたんです。有名な俳優さんなのに、本当に気さくで優しい人でした」(近所の住人)

 

60歳を過ぎてからの大杉さんの夢は「サッカー観戦をしながら夫婦でヨーロッパを回ること」だったという。その夢は叶えられなかったが、演じぬき、そして妻を愛しぬいた生涯だった。