image

 

イモトアヤコ(32)が3月11日、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)に出演。中国は雲南省と湖南省でのロケで、衝撃的な告白をした。

 

「つい最近の話なんですけど、私の現場のマネージャーが辞めるっていう」

 

現地の人々にお酒で歓待されるさなか、こう発言したイモト。続けて事情を明かした。

 

「南極に1カ月行って、帰ってきたらいなくなっているという」

 

同番組での南極ロケにマネージャーは付いてこなかった上に、いなくなってしまったようだ。イモトは相当うろたえているようで「けっこう最悪のいなくなり方」と発言。最後に「なんの挨拶もなければ私も彼に何にも伝えることができなかった。塚田くーん!元気ー!?」とカメラに呼びかけた。

 

イモトは昨年3月、自身のTwitterアカウントで“塚田くん”と思しき男性の写真とともに「いつもお世話になってます」と感謝の気持ちを述べていた。

 

「マネージャーの塚田さん。いつも笑顔の塚田さん。人見知りと言い張る塚田さん。海外ロケには一切来ない塚田さん」

 

だがイモトの仕事といえば、過酷な海外ロケ。ネット上ではその仕事ぶりを支えるマネージャーの負担を慮り、《イモトのマネって大変そうだよね》《普通のマネだったらやらなくていいこと沢山やってきただろうし》と同情の声もあがっていた。

 

珍獣ハンターを支えるには、並々ならぬ苦労があるのかもしれない。