image

 

「本当に色んなことをやったなあ…。全てが濃かった。自分が今までやってきた役のどれにも類似しないような、本当に新しい役で毎日がすごく新鮮で」

 

山崎賢人(23)が主演を務めた「トドメの接吻」(日本テレビ系連続ドラマ)。クランクアップを迎えた3月7日、山崎は取材陣にこうコメントした。同作は山崎演じる主人公のホスト・堂島旺太郎が、謎の女のキスによって“タイムリープ”を繰り返すという刺激的なストーリー。山崎は、作品にちなんでこんな疑問もこぼした。

 

「この作品で何回キスしたんだろう?」

 

その答えは熱心なファンの手によって、11日わかった。この作品での山崎のキスの回数は全10話で29回だそうだ(回想シーンは除く)。“29回”という回数だけでも異例だが、そのうちの2回は菅田将暉(25)演じる春海とのキスだった。

 

山崎と菅田はプライベートでも仲がよく、昨年のクリスマスも一緒に過ごしたそう。共演という形では13年のドラマ「35歳の高校生」(日本テレビ系)以来、5年ぶり。山崎も「(菅田と)共演できて本当に嬉しかった」と明かしていた。

 

久しぶりの共演でキスをするとは——。Twitterではファンからの、歓喜の声が上がっていた。

 

《山崎賢人と菅田将暉がチューしたぞ!!!!今宵は祝杯をあげよう!!!!》

《山崎賢人くんと菅田将暉くんのキス濃厚すぎて笑いが止まらない》

《12時間たってもまだ衝撃が抜けない》

 

さらに一部からは“別の角度”からの悲鳴も——。

 

《山崎は菅田くんのキスできて嬉しかっただろうな》

《菅田と山崎のキスは完全に妊娠》

《面白感を前面に押し出してたけど腐女子が食いつくのは不可避なので諦めてください》

 

またファンのためにも仲睦まじい姿を見せてほしい。