image

 

《年末までのディナーショーの…つかれが…出てしまったのか…ひっくりかえっていましたああー!!!!》

 

2月に発行された“ファンクラブ会報”で、過労で倒れてしまったことを告白した中森明菜(52)。その原因は、昨年末のディナーショーだったようだ。

 

「明菜さんは7年ぶりとなった16年に続き、昨年もディナーショーを敢行しました。過酷なスケジュールで、最後には体調を崩してしまったようです」(音楽関係者)

 

昨年12月、横浜で行われたディナーショーに駆けつけた女性ファンはこう語る。

 

「歌声や見た目は若い頃のままで、『さすが明菜ちゃん!』って感心しました。でもMC中は『この歳でこれだけ歌って踊るのはキツイんだから』とか『50超えると大変なの、20歳の時とは違うの』と“自虐老化ネタ”を言って、会場の笑いを誘っていました(笑)」

 

52歳にして、ファンのために限界まで頑張った明菜。実はそんな彼女を癒したのが、“ロサンゼルス&ラスベガス旅行”だったという。

 

「今年に入ってから、明菜さんはプライベートで米国旅行に行ったそうです。所有しているロスのコンドミニアムを拠点にラスベガスにも足を延ばし、カジノや買い物を楽しんだといいます」(前出・音楽関係者)

 

豪華“ギャンブル旅行”で、身も心もすっかりリフレッシュしたようだ。

 

「もともと海外旅行好きの明菜さんですが、いまでは英会話もマスター。『今後はもっと英語の曲も出したい』と、新たな挑戦に胸を膨らませています」(別の音楽関係者)

 

52歳の歌姫は、まだまだ意気軒昂だーー。