image

 

4月1日に放送された「新しい別の窓」(AbemaTV)で、草なぎ剛(43)と斉藤和義(51)がセッションを披露。その際に草なぎは、2月に亡くなった大杉漣さん(享年66)への思いを初めて口にした。

 

草なぎは「僕がギターを始めたのは大杉さんの影響が大きい」とし、ドラマで共演した際も2人はよくセッションしていたという。昨年6月には大杉さんに連れられて斉藤のライブに行ったと明かし「ちょうど自分の道を考えているときだったので、心の支えになった曲です」と、斉藤の「僕が見たビートルズはテレビの中」を紹介した。セッションの前に草なぎは、斉藤にこう語りかけた。

 

「まだ亡くなったばかりで気持ちの整理もつかないんですけど、漣さんのことを思いながら一緒に歌ってください」

 

セッションを披露し終えると、草なぎは「本当に好きな曲で、大杉さんも好きな曲だった」と瞳を潤ませた。

 

見守っていた香取慎吾(41)も目元を拭いながら、大杉さんとの思い出を語った。

 

「漣さんは僕らのことも気にかけてくれていたみたいで。『72時間(テレビ・同局)』のときも出たいと言ってくれていたみたいなんですけど、合わなくて『次の機会にぜひ』とも言ってくれていた」

 

さらに香取は、大杉さんが亡くなった当時の草なぎの憔悴ぶりを「ほんとダメで。しばらくダメで」と表現。しかし草なぎがギターを再び弾き始めた様子を見て「あの時に、本当にダメな草なぎにギターがあってよかったな」と振り返った。

 

草なぎと大杉さんは、草なぎの代表作である「僕の生きる道」(フジテレビ系)などの「僕」シリーズを筆頭にドラマ作品で何度も共演。3月に終了したばかりの「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)でも、ギターセッションを2人は披露していた。

 

今まで草なぎは、公の場で大杉さんの死についてまったく口を開かなかった。Twitterでは、そうした草なぎの心中を察したファンからの気遣いの声が上がっている。

 

《たくさんの芸能人がTwitterで大杉さんの死に触れてたけど、何も語らない剛くんが一番悲しみを語っていたように感じる》

《草なぎドラマにはよく大杉漣さんがいて……いつも父親のように見守ってるイメージがあって……つよぽんTwitterとかで触れてなかったけど、辛かったんだね》

《つらかったんだね。。。話してくれてありがとう》

 

草なぎと斉藤のセッションは、天国の大杉さんにもきっと届いているはずだ。

関連タグ: