image

 

ハロー!プロジェクトのリーダーである和田彩花(23)が4月5日、自身のブログを更新。来年開催予定の春ツアーをもって、所属するグループ・アンジュルム及びハロー!プロジェクトからの卒業を発表した。

 

和田はブログの冒頭「いつまでもみんなと夢を追いかけることはできないのだろうか?」とグループ活動を続けるなかでの葛藤について明かした。以前まで和田は、グループで夢を見るために“自分の夢を諦めることが自分の人生”と考えていたようだ。

 

「グループで夢を見続けること、それは大前提である『それぞれの人生』をある程度否定することでもあります。周りで様々な卒業が続く中、自分が多く言ってきた言葉です。まるで、その言葉で自分を納得させるように」

 

アンジュルムの前身グループ・スマイレージ時代からの、唯一の初期メンバーである和田。改名やメンバーの移り変わりを経験することで、次第に“グループ”に対する考えが変化していったという。

 

「『アンジュルム』は、私がグループから抜けたとき(オリジナルメンバーがいなくなり)本当の意味でアンジュルムになると考える自分がいました。スマイレージからアンジュルムに改名した意味作用がここで働くのだと」

 

そして「“自分の人生”を歩みたい」と和田は考えるようになったようだ。卒業後の自身については、こう言及している。

 

「30代になったとき1人でステージで歌って踊っていることが次の目標です。様々な表現をやっていきたいです。そうなれるよう、20代を過ごそうと考えました。そして、できればアイドルで居たいのです」

 

最後に和田は、意気込んだ。

 

「ここから本当のスタートを切ることができます。自分の表現とはどういったものなのかワクワクします」

 

和田は09年4月から「スマイレージ」に所属。10年に「夢見る15歳(フィフティーン)」でメジャーデビューし、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞した。2期、3期メンバーの加入を経て14年末にグループ名を「アンジュルム」に改名している。昨年10月には蒼井優(32)がテレビでアンジュルムのファンであることを告白し、話題となった。

 

ストイックに「アイドル」を追求する和田。そんな姿勢に、ファンからは「かっこいい」といった声が上がっているようだ。

 

《悲しいんだけど、、でもそれよりももっと、なんていうか、本当にかっこいい》

《本当に和田彩花さんはやばい…あんな卒業ブログ誰が書けるかよ……完敗って感じ》

《強い芯を持った人だなぁとは思っていたけどこのブログを読んで改めて実感》

 

大学で美術を専攻していた和田は、大学院にも進学している。美術関連の著作を出版するほど研究に熱心であり《NHKとかの美術系のお仕事が来ると良いね》《きっと得意分野で熱く語れる解説者になれると思う》とこれからの活躍に期待する声も。

 

卒業まで、あと一年。残り少ない時間をファンと共有して欲しい。