image

 

LINDBERGの渡瀬マキ(49)が4月11日、公式HPで「機能性発声障害」と診断されたことを公表した。同バンドは来年4月でデビュー30周年を迎えるが、渡瀬はしばらく治療に専念するという。

 

昨年から体調不良を訴えていたという渡瀬。発症時の様子を、こう綴っている。

 

「段々と体が弱っていき、いつも苦しくて、何も楽しめなくなってしまい、眠れない食べれない頭痛、吐き気の日々が続きました」

 

渡瀬は次第に、喉の不調にも気づいたようだ。

 

「喉にも違和感を感じ始め、ふとした何気ない会話も苦痛になってしまいました。その後も喋ろうとすればするほど声が出ない」

 

そして病院の診察を受けたところ、“機能性発声障害”と診断されたという渡瀬。以来、医師と相談しながら治療しており「昨年から比べたらとても良くなってきています」と“回復傾向”にあるという。体力がつき始めたことで軽い筋トレにも挑戦しているようだが、「何よりこんなに長い文章を書けることがすごい進歩です」と喜びを語っている。

 

現在は歌える状態ではないという渡瀬だが、LINDBERGの“30周年”についてこう綴っている。

 

「『早く治せるように頑張ります』と書くことはやめておきますね。とにかく、焦らずに頑張らずに、きちんと治療をすることが今、私に出来る最善の事だと考えるようにしています」

 

そして続けて「どうぞ自分を大切にしてあげてね!元気でいてね!会える日を楽しみにしてるね!」とファンに“復帰”を約束した。

 

節目の年を目前に、思わぬアクシデントに見舞われた渡瀬。ネットではファンからの激励が届いている。

 

《青春時代、あなたの歌を聴いて勇気づけられました!大変かもしれませんが、がんばってください!》

《いくら感謝しても足りないくらい元気もらってました。頑張らなくていいから、ゆっくりしてて。もし、復活して歌いたくなったら、また勇気もらいます》

《直接声をかけられませんが、心の裡で応援しています》

 

また元気な歌声を聞かせてほしい!

関連タグ: