image

 

4月22日に放送された「男子ごはん」(テレビ東京系)の10周年記念SPで、長期療養中のケンタロウ(45)からの手紙が紹介された。

 

同番組でケンタロウは、MCを務める国分太一(43)のパートナーを4年務めていた。しかし、12年2月に大型オートバイで単独事故。頭部骨折の重傷を負ったものの、奇跡的に回復。妻・マキさんの支えもあり、現在は家庭で療養している。本誌では15年2月、ケンタロウが介護スタッフの手を借りつつ、少しの距離なら歩くこともできるようになったと報じている。

 

ケンタロウが直筆でしたためた手紙を、国分は読み上げた。手紙のなかでケンタロウは「10周年おめでとうございます」と祝福し、「勝手に事故ってごめん。太一くん10年間ありがとう。心平ちゃん途中からごめんね」と自身に代わり国分のパートナーを務めている栗原心平(39)に感謝。そして、心境を明かした。

 

「今やすっかりテレビの向こう側の人とこっち側の人って関係だけれど、二人の男子ご飯をテレビで見られてうれしい」

 

続けて「これからもおいしい物をたくさん作って下さい。おいしい物を作って食べるのが全てですから。絶賛リハビリ中 ケンタロウ」と2人に呼び掛けた。国分は「今後ともケンタロウさんと一緒に、この3人で頑張っていくのでよろしくお願いします」と結んだ。

 

Twitterではケンタロウの回復ぶりへの感動と共に、激励の声が上がっている。

 

《今日の男子ごはんでケンタロウさんのお手紙と、自分で頑張って書いたあれから6年…》

《リハビリも大変だと思うけど、番組にメッセージ送れるほどになったんですね。頑張れ!!!》

《ケンタロウさん、ずっと気になっていた。リハビリ大変だけど頑張って欲しい。応援してます》

 

いつかテレビの向こう、3人の並ぶ姿に期待したい!