image

 

「真央ちゃんの“女磨き”に拍車が掛かっているんです。もともとあまりファッションに気を使うほうではなかったのですが、最近はモノトーンで大人っぽい服装をするようになって……。何か心境の変化でもあったのでしょうか」(スポーツ紙記者)

 

5月3日、新潟で浅田真央(27)初プロデュースのアイスショー『浅田真央サンクスツアー』が始まった。会場入りする浅田を目撃した際、真っ先に目を引いたのは両手の爪に塗られていた真っ赤なマニキュア!これまでの彼女には見られなかった “変化”だ。

 

ショーでの注目はスペイン人の19歳、エルネスト・マルティネス(19)との“デュエット”。サビの部分では、エルネストが浅田を抱き上げる一幕も!そんな2人だが、実はショーでの熱演以上の“ホットな関係”がささやかれているという。

 

「エルネストさんは、もともとフィギュアスケートの選手。10歳から競技を始め、将来を嘱望されていました。しかし股関節を痛めたことで、現役を引退。その後は来日して、都内の大学で服飾を学んできたそうです。また彼は、大の真央ちゃんファン。4年前から日本語を勉強し始めたのも、彼女に話しかけたかったからだそうです」(フィギュア関係者)

 

エルネストはショーの練習中も、浅田に熱烈な猛アプローチを仕掛けていたという。

 

「練習期間中、2人は何度もペアで練習を繰り返してきました。日本人だと普通は浅田真央を前にして萎縮してしまうもの。でもエルネストさんは『真央は僕のアイドルだけど、緊張なんてしないよ!』と常に自然体なんです。実は3月にはプチ合宿が行われたのですが、食事の際にいつも必ず彼は浅田さんの隣に座っていましたね」(前出・フィギュア関係者)

 

しかしそこで気になるのが、昨年熱愛が報じられたロマ・トニオロ(28)との関係だ。ロマはパリコレへの出演経験もあるフランス人モデルで、元フィギュアスケート選手。15年に来日した際、人気バラエティ番組『youは何しに日本へ?』(テレビ東京系)にキャッチされ一躍ブレーク。“ハンコ王子”の愛称で注目され、日本の芸能事務所に所属している。

 

「出会いは昨年1月のイベント。浅田さんはスマホの待ち受け画面を彼の写真にしていると聞きました。当初、ロマさんは『真央ちゃんとはお友達』と答えていました。しかし昨年10月には、『FLASH』がルーブル美術館を訪れていた様子を報じています。彼が浅田さんの肩に手を回すなど、かなり“いい雰囲気”だったといいます」(芸能関係者)

 

浅田との“関係”が噂されることになったエルネスト・マルティネスとロマ・トニオロ。似ている部分がかなり多い2人だが、浅田の心はエルネストに傾き始めているようだ。

 

「3月のプチ合宿以来、ふたりの絆はかなり深まったようですね。エルネストさんはいつも積極的に話しかけていましたから。それもあってでしょうか。最近、浅田さんは『彼は気になる存在……』と周囲に明かしているそうです。実際、いっしょに食事に出かけたりもしているみたいです。“女磨き”に励んでいるのも、服飾を学ぶオシャレな彼に合わせようとしているのかもしれませんね」(前出・フィギュア関係者)

 

ロマにとっては、強力なライバル出現となるが……。果たして浅田を射止めるのはどっち!?