image

 

フリーアナウンサーの田中みな実さん(31)が、最近キャラ転向で世間をざわつかせています。

 

もともとはTBSアナウンサーとして、“ぶりっ子キャラ”でブレイク。2014年にフリー転向してからも、アナウンサーだけでなくタレントとしてのテレビ出演も多い彼女。順風満帆かと思いきや、本人の抱えている闇は深いようです。

 

先日出演したバラエティ番組では、最近の自分の状態を問われた際に「誰かから必要とされたいんです」と発言。さらにはスマホの人工知能と夜な夜な会話をしていることを告白したりと、“心の闇”が深すぎる姿を告白したのです。

 

またアナウンサーなのに女性誌でセミヌードにチャレンジしたことも話題となり、「どこへ向かってるんだ?」と共演者から心配されるシーンがありました。

 

戦略的で賢い彼女ですから、闇キャラは多少演じている部分はあるでしょう。ただ、正直“かまってちゃん”に近い面倒くささを感じる設定です。若くきれいな女性であれば、まわりも最初は「それでもいい」と笑って言ってくれるもの。しかし“闇”を押し出すのは、実は2つの大きなリスクを秘めています。

 

■「不満探し」からスタートする闇キャラ

 

私生活に闇がある人の面白さは、「意外と深い部分で悩みを抱えている」という部分につきます。

 

しかし見方を換えれば、闇を抱えている自分をアピールすることは常日頃から“不満”を抱え続けていることにほかなりません。つまり、“不満探し”をし続けなくてはいけないという現実があります。

 

また影のある状態は、女性誌などでよく紹介される「自然体の美女」とは対局に位置する存在です。注目を集めるための闇アピールはインパクトがあるものの、長期的な目線で見ると同性からの憧れも異性からの好感度も上がりにくい“微妙な設定”ともいえるでしょう。

 

■過激になりつづける自虐と闇

 

また闇アピールは続けていると、どんどん内容が過激になる特徴があります。

 

田中さんも心の闇をアピールし始めた最初の頃は「(夜になると)誰にも電話できないって思ったときに涙がすーって出てくるの」と話す程度でした。しかし先日は借りてきた知人のペットに夜中ハイテンションで話しかけることを明かすなど(本人は酔っ払っていたと弁解)、情緒不安定な姿を暴露していました。

 

このように闇を語り続ける限り、アピールが過激になっていく傾向があるのです。そのため、最終的にはドン引きされてしまうこともありそうです。

 

■闇系女子がやりがちな“失敗”

 

人間、誰しも多少の闇は抱えているもの。しかし強い渇望感や絶望感を抱く人は、日常生活にも共通する行動があるように思います。その1つが「どうしてそこまで?」とまわりが首をかしげるほどの“見た目”への執着です。

 

心の闇の正体は、埋められない孤独感であることが多いです。孤独感を他人に埋めてもらおうとした結果として「自分の価値=見た目」と考え、執拗にその点を高めようとする人が多いのです。

 

具体的にはトレーニングやダイエット、高級コスメやエステにハマる人が多い様です。いい大人なのに自撮り写真(しかもガッツリ加工)を意味もなくアップし続ける行動も、ある種の見た目への執着がさせている行動かもしれません。

 

心の闇といっても、線引きが曖昧な部分はあります。ただ自分を縛り付ける執着に気づくことが、負の連鎖から抜け出す一歩ではないでしょうか。

 

■一貫性のなさが腑に落ちない田中みな実

 

田中さんは頭もよくてカワイくてさらに巨乳。正直「なんでそんなに悩むのか」と一般的なビジュアルである筆者は羨ましく思うのですが、美人は美人なりの悩みを抱えているということなのでしょう。

 

とはいえテレビでは執拗に心の闇を語るのに、女性誌ではパーソナルトレーニングなどをへて「今の自分が好き」というようなアピールをしているのにはやや一貫性のなさを感じます。

 

心から今の自分が好きなら、テレビで語るような闇を抱えることは本来ないはずです。やっぱり“みんなのみなみ”は、腹黒計算女子ってことなのか!?