夏めいてきた深夜の繁華街。5月中旬の夜とあって、午前3時になっても酔客たちが引きもきらない。

 

そのとき大通りに面したビルから、深夜なのにキャップとサングラスをした男性が出てきた。TOKIOの松岡昌宏(41)だ。Tシャツにパンツ姿で大きめのトートバッグを提げている。

 

現在、主演ドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)も好調。山口達也(46)のラジオ番組を引き継ぐなど、松岡は多忙を極める生活を送っている。

 

「彼は、大のお酒好き。山口さんの事件が起きる前は、オフに友人たちと飲み歩くのが何よりの楽しみでした。以前、浅草近くの居酒屋で一緒になった客が、たまたま近くでバーをやっている人だったんです。すると松岡さんは“そうなんだ、今度行きますよ!”と言って、本当にその1週間後に友達を連れて店に来たそうですよ。ふつう、酒席でのそんな約束を律儀に守らないですよね。でも松岡さんはいまもその店に通って常連にまでなってるんです」(店の客の1人)

 

だが、この日の松岡は連れもなく1人きり。出てきたのも、居酒屋ではなく、深夜営業中のサウナだった。そのまま近くのコンビニに入った松岡は、缶ビールとつまみを買うと自宅へ帰っていった――。

 

「いまはTOKIOにとって大事なときですからね。にぎやかな“外飲み”が大好きな松岡くんも、さすがに山口くんがお酒で大失敗をした直後だけあって、“宅飲み”で我慢しているんでしょう(苦笑)。筋の通った彼らしい“自主規制”だと思いますよ」(テレビ局関係者)

 

山口の犯した事件の大きさに、いまも苦悩するTOKIOのメンバーたち。松岡の“宅飲み”は、その象徴だろう。山口のもとに、そんな4人の“思い”は届いているのだろうか――。