吉岡里帆(25)が5月23日、12日ぶりにInstagramを再開。反響を呼んでいる。

 

所属事務所「エー・チーム」で社長を務めていた小笠原明男さん(享年62)の通夜が営まれた11日前後、突如Instagramを非公開に設定した吉岡。10日ほどすると“公開”へと解除されたが、ファンからは心配の声が上がっていた。

 

吉岡は「皆さまお久しぶりです。ずっとここを非公開にしていてすみませんでした」と切り出すと、投稿を止めていた理由についてこう明かした。

 

「大切な人を失い遣る瀬ない気持ちでいっぱいで、いつもみたいに明るい投稿ができそうに無いと思い喪に服すという意味でもしばらく更新をお休みしていました」

 

しかし「立ち止まっている事も出来ませんし、頑張りたいと思うお仕事も頂き 皆さまにまた見て頂きたいとも思いました」と明かし、「心から応援に救われた日々でした。ありがとうございます」とファンへの感謝の気持ちを述べた。翌24日は新作のクランクインであるとし、こう誓った。

 

「明日から新しい作品に入ります。今まで以上に頑張らないとと身が引き締まる思いです。見て下さる方へ向けて真摯に取り組んで参ります。これからもよろしくお願い致します」

 

ネットでは悲しみを乗り越えた吉岡に、エールが上がっている。

 

《吉岡さんの謙虚で前向きな真摯な姿勢、とても好きです。これからも明るく前向きに人生を楽しんで下さい!ファイトです!》
《泣いたり笑ったり、そんな日々でいいと思います。どうか無理だけはなさらず、辛いときは辛いって言えるような環境に吉岡里帆ちゃんがいられたらいいなって思います》
《僕はりほちゃんの笑顔で元気をもらっています。これからもファンとして微力ではありますが支えていけたらと思います。無理せず身体を大切に!!》