「今回の作品では、台本に忠実にということにとらわれず、現場で生まれる“生の感情”を大切に演じようってみなさんと話しています。アドリブがバンバン飛び交っていて、とてもやりがいがありますね」

 

そう話すのは、「『はるたん大スキ』と、直属の上司・黒澤部長(吉田鋼太郎)から迫られ、あたふたしちゃう春田がかわいい!」と注目のドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系・土曜23時15分~)で、男性からモッテモテの主人公・春田創一を熱演中の田中圭(33)。

 

牧(林遣都)からも突然、熱烈キスをされたり、上司の武川(眞島秀和)が牧の元カレだったことが発覚したり、部長の妻から訴えられそうになったりと、とにかくハチャメチャな展開と、役者たちの体当たり演技から目が離せない。

 

「現場はとても楽しいです。みんなアドリブが多いので、次は誰が何をしてくるのかワクワクしますね。特に鋼太郎さんはめちゃくちゃ攻めてくる。写ってないところで、僕の膝を触ってきて、その手がどんどん上に上がっていって。その触り方がすごく大人な感じで、エロ上手いんですよ(笑)」(田中・以下同)

 

なんと田中は、実生活でも“おっさんずラブ”を体験済みだとか。

 

「男性に好かれるつもりはないんですけど、親しくしていた先輩に寝込みを襲われたことは何回かあって。同性の友達も、いっぱいいるかな(苦笑)」

 

長身で甘いマスク、鍛えられたたくましい体に、何といってもこのプルンとした唇、女性にはたまらないけれど、同性だって引きこまれちゃうのも無理はない。

 

「元々筋肉はあるほうだと思うのですが、体を鍛えるようになったのは岡田(准一)くんと共演してから。この前、遣都を連れてジムへ行って、僕がいつもやる2時間トレーニングをやりました」

 

ドラマ現場でも、林遣都と彼があまりにも仲のいいのを見て、吉田鋼太郎がジェラシーを燃やしたんだとか(笑)。

 

「(昨年末放送された)SPドラマのときに鋼太郎さんのファンになった僕の妻と、連ドラも一緒に見て笑っています。応援してくれてるし、僕と同じくらい最新話を楽しみにしてくれていますね。ドラマは、これからも怒濤の展開が待っています。SPドラマのときとは違う終わり方で、ホントに傑作なので、楽しみにしていてください」

 

田中の放つ新しい魅力に、ラストまで目が離せません!!

関連タグ: