放送文化の向上に貢献した番組や個人・団体を表彰する「第55回ギャラクシー賞」の贈賞式が5月31日、都内で行われた。

 

司会をつとめたのは、ともにフリーの久米宏アナ(73)と小宮悦子アナ(60)。2人はテレビ朝日系の看板ニュース番組「ニュースステーション(以下Nステ)」以来、20年ぶりのコンビ結成となった。

 

「久米さんは小宮さんとのコンビでかなりイキイキしてつい冗舌に。受賞した元SMAPの香取慎吾さんに、『SMAPは解散したけど、世間は(香取を)SMAPだという感覚がある。もう慣れました?』と“直球質問”を浴びせ会場をわかせました。小宮さんは『Nステ』時代同様、一歩引いて久米さんの“暴走”に歯止めをかけていました。20年ぶりでも2人の息はピッタリでした」(イベントを取材した記者)

 

2人が「Nステ」でのコンビを“解消”したのは小宮アナが降板した98年10月。久米は04年3月26日の出演を最後に「Nステ」のキャスターの座を退いたが、これまで2人はどんな道を歩んできたのだろうか。

 

「久米さんは『Nステ』以後、テレ朝の番組へ出演していません。08年はテレビ東京の番組へ出演し、民放全局への出演を達成。TBSのラジオ番組でパーソナリティーをつとめたり、13年には『笑っていいとも』の『テレフォンショッキング』に生出演。現在はラジオと不定期番組のレギュラーを持っています。いっぽう、小宮さんは11年に地上波のレギュラーおよびテレ朝との専属契約が終了。現在はテレビのレギュラーはなく、名古屋外国語大学客員教授やNPO法人の理事をつとめています。ただネット全盛のこのご時世、2人がネットのニュース番組で再タッグを結成すれば人気番組になりそうな気がしますね」(芸能記者)