6月2日に最終回を迎えたドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)。同番組公式Twitterが6月6日、最終回に登場した手紙の写真をアップし、“おっさんず・ラブロス”を抱えるネットユーザーの間で話題となっている。

 

田中圭(33)演じる主人公・春田創一をめぐる、男同士のラブストーリーを描いた同作。

 

吉田鋼太郎(59)演じる春田の直属の上司・黒澤武蔵と、林遣都(27)演じる後輩・牧凌太が春田を取り合うストーリーが見どころだった。

 

最終回で春田は流されるままに黒澤のプロポーズを受け、結婚式を挙げることに。しかし式当日に「神様の前でウソはつけないね」「まだ間に合うから枚のところへ行け」と黒澤は春田の想いを見透かし、自ら身を引く。

 

そして自分の気持ちに気づいた春田が牧にプロポーズし、結ばれる……という展開だった。

 

今回Twitter上に公開されたのは、黒澤が春田へ結婚式前日に送った直筆の手紙。写真がアップされると、瞬く間に拡散。6月6日18時時点で約2万7千いいねがついていた。

 

《また思い出し泣きする》
《文字で読むとこれ、別れの手紙じゃん…部長…》

 

とTwitterではその切なさに感動するツイートが相次いだ。また手紙の中で特に話題を呼んでいるのが、「はるたんの真っ直ぐでバカで優しくて、嘘がなくてバカで可愛くてよく食べてバカでカッコイイところが大好きです」と春田の好きなところを挙げている箇所だ。

 

第2話で黒澤は恋のライバルである牧に「はるたんのいいところ10個言えるのかよ」と啖呵を切っていた。そのことが伏線になっているのでは?との憶測がファンの間で広がっている。

 

《はるたんの好きなところ10個じゃなくて9個で終わらせてるのほんとに辛い この伏線知った時、これ書いてる時から身を引く準備してたのかなって切なくなりました》
《牧に敵わないって自覚してる感じで少し切ない…(T^T)》

 

放送が終了しても、なお冷めやらぬ“おっさんずラブ”フィーバー。この盛り上がりはまだまだ続きそうだ。