NEWSの小山慶一郎(34)と加藤シゲアキ(30)が未成年との飲酒を報じられた件について、爆笑問題・太田光(53)が持論を展開。波紋を呼んでいる。

 

6月10日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、同件について意見を交わしていた。杉村太蔵(38)が「危機管理って言葉あるでしょ、危機管理ってのは想像力」と飲酒を煽るならば、急性アルコール中毒など“最悪の事態”も想定すべきだったとコメント。「我々はいつ誰がどこで録音録画しているか分からない生活。生中継されてもしょうがないって感覚を持っていないと」と厳しく忠言した。

 

すると「キャスターやってたら羽目外しちゃいけないの?」と疑問を口にした太田。2人に処分を下すのは厳しすぎるとし、こう投げかけた。

 

「(小山と加藤はキャスターの仕事を)いつも勉強してやってるわけじゃない。それで若い女の子と飲み行って、煽ったっつって。『イッキイッキ』くらいのこと皆やっているんじゃないか?」

 

“イッキ・コール”は、場合によっては強要罪となる。意図的に酔い潰した場合には傷害罪、意図的でなくても過失致死傷罪に。死に至れば、過失致死罪へと問われる。

 

ネットでは太田の発言を危惧する声が上がっている。

 

《煽りコールなんて絶対にやってはいけない》
《今の時代、大学とか会社入ったら真っ先に注意されることでしょ。そりゃそういうのもあるかもしれないけど、今の話からはかなりずれてると思う》
《私の知り合いの学生さんは、一気一気のコ―ルで急性アルコール中毒で搬送されましたが。太田さんは、どう思われますか?》