「ハロープロジェクト20周年!!ゲスト出演のオファーを頂きライブに出演させて頂く事になりました!内容はまだ未定ですが何曲か歌わせて頂く事になりそうです ハロプロのステージに立つのが 今からとても楽しみです」

6月15日、こうツイートしたのは加護亜依(30)だ。加護は7月から全国各地で開催されるハロプロのコンサート「Hello!Project 2018 SUMMER」に出演する。

 

今回の“ハロコン”はハロプロの 20周年を記念したもの。各公演にハロプロOGが出演するが、加護は終盤の8月25、26日の東京・中野サンプラザ公演に出演。残りわずかとなる“平成のハロコン”に滑り込んだ形だ。

 

加護は、00年に「ASAYAN」(テレビ東京系)で行われた「モーニング娘。第3回追加オーディション」に合格。モーニング娘。の4期生に選ばれた。04年に同グループを卒業し、辻希美(30)とのユニット・W(ダブルユー)で活躍。しかし06年と07年と2回にわたって喫煙騒動があり、所属事務所・アップフロントエージェンシーとの契約が解除。09年にテレビ出演した際、同事務所とは「絶縁状態」で「公式にはコメントもできない状態」と語っていた。

 

“解除”以降はジャズシンガーに転向。またアイドルユニット・Girls Beat!!を結成し、アイドルとして再デビューも経験。現在はソロとなり、ライブを中心に音楽活動を行っている。またプライベートではバツイチとなり、16年に再婚。1女1男のママとして、その奮闘ぶりをInstagramで日々報告している。

 

先月27日、東京・銀座でライブを開催した加護。ステージ上でつんく♂(49)について「つんく♂さんへの感謝は言葉で表せないので、やめます」と発言し、笑いを誘った。いっぽうで「若い時はつんく♂さんの前向きな歌詞がわからなかった」としつつ、こう語った。

 

「30歳になって歌に対する気持ちが変わってきました。今、自分が幸せになって理解できるようになりました。言葉を大切に伝えたい」

 

そんな加護の11年ぶりのハロプロ復帰に、当時から応援し続けてきたファンは歓喜の声を上げている。

 

《嬉しすぎる……ずっと待ってたよ!ハロプロにあいぼんが戻ってくるのは無理だってほぼ諦めてたけど、この日が来て本当によかった!》
《ちょっとまって、震えが止まらない。やっとこの時が来たんですか、ずーーーーっっっっっっっと、待って待って待って待って待ち続けてた瞬間が来るんですね》
《でええええええええええええええええ ついにあいぼんさん出入り禁止解けたのかあああああああ》

 

いっぽうで、ハロプロファンの中でも人気の根強い“W”の復活を希望する声も。

 

《加護ちゃんがハロ現場に復活するタイミングで辻ちゃんが妊娠……なんてこった!!!神様はそう簡単には事を運ばせてくれないのね!!!》
《このままいつかWも復活して成長した2人を見たい。やっぱり辻加護は私の中で永遠》
《加護ちゃんがハロコン復帰したということはつまり辻ちゃんの育休明けにダブルユーが見れる可能性はゼロでは無いという事ですよね日本の未来Wow Wowすぎる》