「もちろん娘には幸せになってもらいたいけどね……」

 

本誌直撃にこう胸の内を明かすのは、沢尻エリカ(32)の実母・リラさんだ。6月上旬、都内のスーパーで買い物しているところを記者が偶然目撃。声をかけると戸惑いながらも取材に答えてくれた。沢尻といえば、7年間交際していたデザイナー男性との破局が4月に報じられたばかり。

 

「ちょうど先週くらいにバラエティー番組の収録で見かけましたが、沢尻さんはいつになく元気がありませんでした。また最近は、仕事以外ほとんど家から出ない“引きこもり生活”を送っているようです。かつては母のリラさんと3人で同居し、“事実婚”とも言われていましたから、さすがにショックが大きかったのでしょう」(テレビ局関係者)

 

以前は娘の恋人を“息子同然”とも話していたリラさん。だが今回の直撃では、淡々とした様子でこう語った。

 

「あの子は大丈夫。最近は仕事がうまくいっていて、それが楽しくて仕方ないみたい。だから、いまも十分幸せだと思うの」

 

愛する娘を慮り、強がってみせたのだろうか。言葉とは裏腹に悲しげな表情のリラさんは都内の自宅に帰って行ったーー。そんな沢尻の傷心を癒してくれている“カレ”がいるという。

 

「エリカさんは6月23日公開の主演映画『猫は抱くもの』で共演した猫のロシアンブルーを気に入って、撮影が終わってから自宅で飼うことにしたんです。すごくヤンチャな男の子で、この前もお湯を溜めていたバスタブに落ちちゃったんだとか(笑)。もともとチワワを2匹飼っていて“犬派”だったそうですが、最近はすっかり“猫派”になってしまうほどメロメロになっているそうです」(映画関係者)

 

破局から2カ月、早くも“最高の相棒”に出会ったようだ。