日本中を騒がせた玉木宏(38)と木南晴夏(32)の結婚報道。その陰で、もう1つ話題となっていることがある。それは、「嵐」櫻井翔(36)の“縁結びパワー”。共演者が続々と結婚していくとして、ネット上で「櫻井神社」「縁結びの神様」と崇められているのだ。

 

たしかに櫻井は、木南と17年放送のドラマ「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)で共演。玉木とも今年5月公開の映画「ラプラスの魔女」で共演している。だが「櫻井神社」によって結ばれたのは、彼らだけではない。

 

10年のドラマ「特上カバチ!!」(TBS系)で共演した堀北真希(29)は、15年8月に山本耕史(41)とゴールイン。同じくこのドラマに特別出演した浅野ゆう子(57)も、昨年12月に一般男性と結ばれた。さらに07年のドラマ「山田太郎ものがたり」(TBS系)などで共演した吹石一恵(35)は、15年9月に福山雅治(49)と電撃婚。11年のドラマ「謎解きはディナーのあとで」(フジテレビ系)で共演した北川景子(31)も、16年1月にDAIGO(40)と結婚している。そして11年公開の映画「神様のカルテ」で共演した宮崎あおい(32)は、昨年12月に「V6」の岡田准一(37)とゴールインを果たしているのだ。

 

いったい、なぜ櫻井は“縁結びの神様”となるのか。7月5日発売の著書「3秒でわかる!手のひら手相術」(さくら舎)などで知られる占い師のLove Me Doさんはこう語る。

 

「櫻井さんは1月25日生まれのみずがめ座。みずがめ座の方は、人と人の縁を繋ぐのがとても上手なんです。ましてや彼のように大勢の人と会うお仕事の場合、その効果は絶大。参加する食事会やパーティなどでも、自然と縁が広がっていくでしょう。顔相も良いです。櫻井さんのような丸顔は、いわゆる“福顔”(幸せを呼ぶ顔相)。“大福顔”や“大黒顔”のように、幸せを呼んでくれます。そして何より大きいのが、眉毛と目が横一直線で平行に並んでいること。これは“鳥居顔”と呼ばれていて、出会う人に自然とご利益をもたらします。目よりも眉毛のほうが長いと、よりその効果が表れるのです」

 

櫻井神社の御利益は、そうした天から授かった数々のパワーがもたらしていたようだ。Love Me Doさんが続ける。

 

「櫻井さんのように口角が上がっているのは、幸福をもたらす相。そして、発言に説得力をもたらす相です。たとえば、櫻井さんが誰か男性を褒めるとしましょう。それを聞いた女性は『そんなにいい人なのね』と想いを膨らませてしまう。つまり、彼の言葉には魂が宿っているのです」

 

だが共演者が彼の言葉に惹きつけられる理由は他にもあった。それは、櫻井自身の人柄だ。

 

「櫻井さんはよく『人の縁ってすごく大事だと思う』と言っています。実際、彼は今まで会ってきた人たちとの交友関係をとても大切にしています。いつもおもてなしの心をもって接していますし、共演した人のことをすごく褒めることで有名です。そしてそれだけでなく、彼は意外と兄貴肌で頼れる存在。そのため、いろんな人から相談を持ち掛けられているそうです。実際、『櫻井さんに助けられた』と言う人は多い。彼の言葉を聞いているうちに、仕事の悩みや“恋のモヤモヤ”も晴れていくのでしょう」(芸能関係者)