6月下旬の午前中、都内の閑静な住宅街。瀟洒な一軒家から、黒眼鏡をかけ、黒のTシャツというラフな格好をした吉田栄作(49)が出てきた。近くに停めてあった自分の愛車に颯爽と乗り込み、出かけて行った。吉田が出て来たのは彼の住む都内の高級マンションではなく、内山理名(36)の自宅だった。

 

吉田といえば2年半前、カリスマモデル・平子理沙(47)と離婚。一時代を築いたトレンディ俳優も、最近は浮いた噂はなかった。

 

その日の夕方、吉田の車が内山の自宅前に戻ってきた。助手席のドアが開くと、サングラスをかけたブルーのワンピース姿の内山が降りてきた。笑みを浮かべ、運転席の吉田に楽しげに声をかけている。バッグを手にした彼女が玄関へ向かうと、吉田は駐車スペースへバックで駐車。そのまま2人で内山の家の中に入って行った――。

 

2人の交際のきっかけは、昨年11月に放送された2時間ドラマ『今野敏サスペンス 確証~警視庁捜査3課』(TBS系)だった。

 

「共演は初めてでした。吉田さん演じる職人気質の警部と内山さんの新人刑事がタッグを組み、強盗事件を解決していくストーリー。2人は撮影中に意気投合していました」(ドラマ関係者)

 

昨年10月、内山は自身のインスタグラムで、吉田とのツーショットも公開している。《栄作さんは わたくしのテンションの高いハチャメチャなお芝居を全て受け止めて下さり、ありがとうございました》。一方の吉田もテレビ誌の取材で「男臭い現場の中でマスコットガール的存在。いつもニコニコしてくださっていたので、みんな癒されていましたね」とコメント。仲睦まじい様子が伺えた。

 

今年の年明け、都内の大規模公園近くの老舗ステーキハウスでも2人の姿が目撃されていた。

 

「深夜12時を回るかどうかの頃でした。2人がいい雰囲気で食事していたんです。『付き合っているのかな?』と思ったのを覚えています」(目撃した客)

 

2人の交際は3カ月前からスタートしたという。

 

「1カ月前くらいのことでしょうか。東京・中目黒の目黒川付近で仲睦まじく連れ立って散歩する2人を見ました」(近所の住人)

 

冒頭の目撃シーンの翌朝、吉田は今度はトートバックを肩に一人で出てきた。そのバックからは、愛らしい内山の飼い犬・トイプードルのティンクちゃんの顔がひょっこり覗いていた。吉田は近所の公園に向かうと、ゆっくりと1時間ほど散歩して内山宅に戻った。昼1時過ぎ、吉田は再び愛車に乗り込み自宅マンションへ。身支度をして仕事に出かけていった。

 

「内山さんは自分が頑張ったときに、頭をポンポンと叩いてくれる男性に惹かれてしまうタイプ。吉田さんはそういう仕草が自然にできる方なんです。多忙な2人ですが、オフの日は、吉田さんが内山さんの自宅へ通っていると聞いています」(吉田の知人)