仲間由紀恵(38)が6月下旬に都内の病院で一卵性双生児の男児を出産していたと、7月5日に所属事務所が発表した。

 

仲間は14年に俳優の田中哲司(52)と結婚。そして16年1月の舞台『放浪記』の千秋楽以降は仕事をセーブし、“妊活”に励んできた。

 

「彼女はもともと出産願望が強く、結婚後も夫婦で『早く子供が欲しいね』と話し合っていたそうです。とはいえ、30代後半の彼女にとって妊娠はそう簡単なことではありません。毎日基礎体温を測ったり、産婦人科に足繁く通ったり、涙ぐましい努力を続けていたと言います」(テレビ局関係者)

 

しかし、そんな最中に夫の浮気が発覚。16年6月、『フライデー』で田中とカリスマ美容師の女性との密会が報じられたのだ。

 

「報道直後、仲間さんはかなり憔悴していました。普段は明るい彼女ですが、さすがにショックが大きかったのでしょう。田中さんは諦めずにひたすら彼女に謝り続け、昨年末にようやく仲直りできたといいます」(芸能関係者)

 

以降、田中は改心して仲間を心身ともにケアし、妊活に関してもより一層サポートするようになったという。

 

「5月下旬まで田中さんは舞台『ハングマン』に出演していましたが、それ以降は仕事を控えて仲間さんを支えてきたそうです。もとは家事もほとんどやらなかった田中さんですが、仲間さんの妊娠中はなるべく早めに帰宅。栄養バランスを考えた手料理を振舞ってあげるなど、尽くしていたと聞いています。出産にも立ち会ったそうですよ」(前出・芸能関係者)

 

双子のパパになり、ますます良い夫ぶりを発揮してくれるかも。