《受付の人がすごくて、どうすればいいですか? たぶんこれ一目ぼれだな。そんなしょっちゅう行くところでもないし、どうすればいい?(笑)無理だよな……》

 

中居正広(45)が14日に放送された『中居正広ON&ON AIR』(ニッポン放送)で爆弾発言!

 

《かわいい子だけではこんなに心奪われないんですよ。絶対良い子だろうな》

 

昨秋、6年間交際した12歳年下の振付・ダンサーの武田舞香(34)との破局が報じられた中居だが、この日は突然、自らの恋愛経験や結婚観まで赤裸々に告白したのだ。

 

《俺を好きになられて結婚するのか、好きになって結婚するのかわからないね。アタック(されて)付き合ったこともあるし、自分からアプローチ(したこともある)。どっちがいいのかもわかんない》

 

ここに来て“結婚したい”思いを募らせているのにはワケがある。

 

「15年、TOKIO・国分太一さんの結婚時、ジャニー社長が『遠慮なく適齢期になったら結婚すべき』と発言したのを契機に、結婚を意識するように。さらに翌年のSMAP解散で、未来の自分像について真剣に考えるようになったと聞いています」(中居の知人)

 

これまで“結婚不適合者”と豪語してきた中居だったが――。

 

「3年前、中居さんはのどの腫瘍で手術をしています。昨年1月にも気管支炎と肺炎で入院。父親を咽頭がんで亡くしていたため、入院中は自らの体調を非常に気にしていたそうです。友人が着替えを持ってきていて、“自分を支えてくれる存在”の必要性を身にしみて感じたそうです」(前出の知人)

 

SMAPリーダーとしての責任感からも解放され、中居自身の性格も変わり始めたという。

 

「家飲み派だった中居さんですが、今は近所の庶民的な寿司店によく食べに行っています」(常連客)

 

別の知人も中居の最近の変心をこう打ち明ける。

 

「『結婚相手に芸能人は絶対ない』と親友に漏らしていたそうです。『生活の価値観が合わない』と。中居くん自身、質素な生活が好きで、口癖も『安い肉が結局うまいから』ですからね(笑)。見栄を張る女性は、かなり苦手なんです」

 

一目惚れのお相手は、現在の彼の理想のタイプに合うようだ。

 

「マスコミなどの業界関係者ではなく、お堅い一般企業で、正規の研修を受けた“正統派”美人受付嬢のようです」(番組関係者)

 

来月、46歳。日本を代表するアラフィフ・アイドルは「人生の岐路」に立っている――。