7月16日、都内で開かれたお祭りは大勢の人で賑わっていた。そのなかでひと際目を引く一人の女性が。女優の榮倉奈々(30)だ。胸には、昨年6月に夫・賀来賢人(29)との間に誕生した第一子の姿が。その周りには、3組のママ友たちの姿もあった。

 

「人目につかないようメガネと麦わら帽子をかぶっていましたが、スタイルがいいのですぐ榮倉さんだとわかりました。お友だちと談笑しながら、お祭りを楽しんでいましたよ。とても暑い日だったので、お子さんにハンディ扇風機で風を送ってあげていて。すっかりママさんが板についているようでした」(祭りで目撃した一般客)

 

子育てに奮闘する榮倉だが、6月には主演映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています』が公開。祭りの前日である15日には『この世界の片隅に』(TBS系)がスタートし、約2年ぶりに同局での連ドラ出演を果たしていた。だが、好調に見える産後復帰の陰には重圧もあったという。

 

「当初、現場ではかなり緊張している様子でした。広島県呉市でロケも行われたため、子供と過ごす時間が短くなることもあるのでしょう。育児と仕事の両立に不安を感じているようでした」(テレビ局関係者)

 

そんな心身ともにハードな日々を送ってきた榮倉にとって、この日はいい息抜きになったようだ。お祭り会場を去った一行が向かったのは、近くのイタリアンレストラン。榮倉は帽子を脱いで終始リラックスした様子だったという。大変さを聞いていたのだろう。ママ友たちが彼女の子供を預かって、あやす一幕も。榮倉はお礼を言って、束の間のオフを楽しんでいた。

 

レストランに入って2時間ほどたった午後8時、榮倉たちが店から出てくる。このときも彼女を気遣ったママ友の一人が、榮倉の代わりに抱っこ紐で子どもを抱っこしていた。

 

ここで解散かと思いきや、よっぽど楽しかったのか談笑しながら近くにある公園へと歩いていく。到着すると、ママ友たちは子どもを遊ばせ始めた。それにならって榮倉も愛児の手を取り、歩く練習を始める。子どもは数歩だけ歩いたが、つまずいて転んでしまう。優しい顔でそっと我が子を抱き上げるその表情は、ママになった喜びで溢れていた――。