「連日猛暑が続くなか、石原さんは座長として現場を盛り立てています。今回は名家の令嬢役ということで、役作りにはいつも以上にこだわっているようです。着物や上品なワンピースなど、衣装の着こなしもバッチリです」(ドラマ関係者)

 

ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の主演を務めている、石原さとみ(31)。平均視聴率は初回の11.1%からは下降気味といえども、録画などのタイムシフト視聴率を含めた総合視聴率では20%近い数字を獲得。そんな何かと話題の同ドラマだが、とく注目されているのが石原演じる月島もものファッションだ。

 

「お嬢様ファッションでありながら、ぶりっ子な感じではなく大人の女性にふさわしい品の良い装いですね。肌の露出を避けるためか丈の長いワンピースやスカートが多いのですが、爽やかな色が多くて暑苦しくない。季節感もありTPOに合ったファッションは石原さんに本当に良く似合っています。そんな “ももファッション”の注目度は高く、放送が終わると石原さんが着用した衣装が続々と売り切れになっているといいます」(ファッション誌編集者)

 

そこでさっそく本誌は石原の着用衣装を取材してみた。1話で着ていた白のジャガードレースタートルワンピース(CELFORD)税込31,320円は、通販サイト『USAGI ONLINE』で全サイズ売り切れ。2話の夏祭りのシーンで着ていた浴衣(撫松庵)税抜35,000円も『楽天市場』では完売。さらに3話のキスシーンで着用したガウンワンピース(MOUSSY)税込8,618円に関しては『SHEL’TTER WEBSITE』で他のカラーも含めすべて再入荷待ちの状態だった。

 

前出のファッション誌編集者は語る。

 

「それぞれのアイテムは意外とそんなに高価ではないのですが、石原さんが着ると高く見えますよね。そんな“お得感”が、人気を後押ししている理由なのではないでしょうか」

 

ドラマの展開も石原のファッションからも目が離せない!