元SMAPの中居正広(45)が8月15日深夜に放送された日本テレビ系バラエティー番組『ナカイの窓』で、女優の剛力彩芽(25)とスタートトゥデイ前澤友作社長(42)へのバッシング騒動について持論を展開。ネットで「さすが中居くん!」と反響を呼んでいる。

 

この日の放送は “断捨離の窓”として世の中にある無駄なものについてトーク展開。そこで中居は「不祥事を叩きすぎるワイドショー出演者はいらない」と主張。「悪い人は悪い人でやってしまったことはやってしまったことだけど、手も縛られて、足も縛られて、“もうご勘弁ください”から殴るのはどうなのかな」と、行き過ぎたバッシングに疑問を呈した。

 

共演者のお笑い芸人・陣内智則(44)が「最近では、剛力彩芽ちゃんとか……」と話題を繋げたが、中居は「ニュース見て、何なのコレ!?って。貧乏がひがんでるだけじゃない?」とばっさり。昨今の報道に流されることなく、「プライベート飛行機に乗れないヤツらが言ってるんでしょ?俺だって乗らないけどなんとも思わないよ。なんでダメなの?」と見解を述べた。

 

剛力はサッカーW杯決勝の試合を前澤氏と観戦。その様子を自身のインスタグラムで報告したことで炎上。これまでの投稿をすべて削除し、謝罪した。しかしオープンな交際はつづき、最近ではほろ酔い状態で行ったインスタライブに前澤氏が映り込んだことで再び批判の声が強まっていた。

 

中居のストレートな意見にTwitterでは「スパっと言っててめちゃ気持ちいい」「さすが中居くん!」「全面的に同意した!」という声があがっている。