月21日、タレントのりゅうちぇる(22)が自身のインスタグラムを更新。19日に両肩にタトゥーを入れたことを明かし、批判が殺到。それを受け、自身の思いをつづった。

 

りゅうちぇるは「今まで応援してくれていた方が、冷たいコメントだけを残し、ぼくのことを一瞬で嫌いになるのが本当ならおどろきです」とコメント。「それなりに予想はしてたけど、こんなにも偏見されるのかと思いました」と率直な意見を述べた。

 

「こんなに偏見のある社会 どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい」と自身の考えを伝えた。

 

タトゥーを入れることに対し、「結婚して、子供がいつかできたら、家族の名前を身体に刻もう。と結婚する前、3年前から決めてました」と明かしたりゅうちぇる。「その3年でたくさん考えて、それなりの覚悟で入れました」と告白。その熱い想いに対し、11万のいいねがついている。

 

また俳優の野村周平(24)は21日、「タバコ吸ってたら印象悪い。タトゥー入ってたら印象悪い。意味わからない」とツイート。前日にインスタグラムでタバコらしきものを持っていた写真を公開したことで、コメント欄で批判を受けていた。野村のツイートには約1万5千回リツートされ、8万以上のいいねがついている。

 

2人のタトゥーへの対する思いは、現在もネットで賛否両論。意見が飛び交いながら拡散され、話題となっている。