岡田准一(37)が8月27日、都内のホテルで行われた主演映画「散り椿」完成報告会見に出席。各スポーツ紙によると会見中、同作の木村大作監督(79)が岡田の殺陣について「スピードに関して言ったら、三船敏郎、高倉健、仲代達矢、勝新太郎を上回るスピード」と絶賛する場面があったという。

 

木村監督といえば黒澤明監督(享年88)の撮影助手として就き、その腕前から絶大な信頼を得ていたという“生ける伝説”。そんな監督に評価された岡田の名演に、早くも期待が高まっている。

 

過去にも14年の大河ドラマ「軍師官兵衛」や17年の映画「関ヶ原」で殺陣を披露している岡田。その殺陣演技は常に大評判だ。

 

「岡田さんの殺陣を支えるのは、何と言っても豊富な歴史の知識量でしょう。小学校低学年のころから歴史本を読みふけり、高学年になれば司馬遼太郎さん(享年72)の作品に触れていたほど。当時から『司馬さんの書かれているものが本当に正しいのか』と自ら仮説を立て、読み進めるほどだったそうです」(映画関係者)

 

殺陣といえば肉体的鍛錬も重要となるが、岡田には格闘技マニアという一面も。

 

「知れば知るほどハマってしまったようで、世界中の格闘技を知っているといいます。さらにインストラクターの資格もいくつか持っており、指導できるほどの腕前。こういった点が『殺陣で岡田准一の右に出る者はいない!』と評されるゆえんなのでしょう」(前出・映画関係者)

 

殺陣の評判もあり時代劇への出演が続く岡田。先輩俳優たちからのアドバイスも、支えになっているようだ。

 

「岡田さんは俳優として活躍し始めたころから『時代劇を演じることのできる俳優になってくれ』と期待をかけられていました。というのも、時代劇には“強さ”を見せる演技が必要だからです。『等身大の演技をするだけだと役柄が狭まってくるぞ』という先輩たちからのアドバイスを、今も大切にしているようです」(前出・映画関係者)

 

今回の作品で、さらに評価が高まりそうだ。