500名以上の参列者が集まった松田翔太(33)&秋元梢(31)の結婚披露宴。これだけ大掛かりとなると費用が気になるが、やはりけた違いだったようだ。

 

「今回の披露宴会場はかなり規模が大きいですし、尋常じゃない数のスタッフが動いていました。出されていたフランス料理も超豪華。引き出物もお米や食器、お菓子と升が入っていました。総額だと、3千万円以上は掛かっていたのではないでしょうか」(披露宴出席者)

 

そんな“平成最後の大披露宴”を開いた陰には、夫妻のある思いがあった。2人の交際が発見されたのは、15年4月のこと。だがほどなくして九重親方の身にがんが発覚したという。

 

「秋元さんは自分の仕事をセーブしてまで献身的に看病していました。そんな彼女を、松田さんはずっと支えていました。2人はなんとか、九重親方に晴れ姿を見せたかった。でもそれはかないませんでした。今年4月に入籍を発表しましたが、結婚披露宴について2人は“天国の九重親方にも届くような式にしよう”と誓っていたようです」(前出・披露宴出席者)

 

披露宴のスピーチで秋元は父について涙を流しながらこう語っていた。

 

「父からは常々『結婚する相手は、梢が良いと思う男性ならだれでも構わないよ。だが、必ず結婚式だけはやってくれ』と言われていました。その言葉通り、お父さんとの約束を果たすことができて本当に嬉しいです……」

 

大粒の涙を流す新婦の横で、ぐっとこらえていた松田。彼の胸にもやはり、熱い思いがこみ上げていたようだ。

 

「松田さんは生前の九重親方からも可愛がられていました。挨拶にいった際も『いい男を連れてきたな』と褒められていたそうですからね。それに松田さんは、4歳のときに実父を亡くしています。時期は違えど、父を早くに亡くされた秋元さんの気持ちが痛いほどわかるはず。だからこそなおさら、お義父さんとの約束をなんとかして形にしてあげたかったのでしょう」(角界関係者)

 

入籍を報告した際には《私共の両親の様に、強さと温かい愛を持った家庭を築いて参りたいと思っております》とコメントしていた2人。天国にいる父たちも、きっと彼らを祝福していることだろう――。